3月 16

青森県内における、ガソリン等の燃料供給対策について

今回の災害により、県内のスタンドでガソリン不足が生じています。その理由は

(1) 震災により6製油所が稼働停止し、石油精製能力が震災前の約70%に低下
(2) 災害対策が優先され、スタンドに回ってくるガソリンが少ない
(3) 青森市と八戸にある、ガソリンなどを貯蔵している油槽所のうち
八戸市の油槽所が災害の影響で、稼動停止になっている。-などです。

これに対し

(1) 今週末から来週にかけ、3製油所が順次復旧予定でこれにより、
石油精製能力は震災前の86%まで回復する見込みとなっていること
(2) 石油備蓄法による民間備蓄義務の水準を当面1ヶ月、3日分引き下げること
(3) 石油元売各社は、新潟、秋田に石油製品を集め、ローリー1100台を展開し
まず、2~3日は緊急を要する病院、空港等の大口需要家へ供給、
その後ガソリンスタンドを通じ、小口の一般消費者に対応する
(4) 震災で八戸地域の油槽所が、稼動不能となったことから、
青森港から陸揚げし、青森の2油槽所から、被災地及び県内へ供給するため
本日(16日)知事および議長が国に要請

などの動きとなっております。原発事故の状況や、首都圏における生活物資の
品薄状況にもよりますが、供給体制は回復の方向へ向かうと思われます。

これらの動きに関連して、本日(16日)私が所属する、
県議会商工エネルギー常任委員会にて、

「青森市の油槽所の稼働を最大にするために、計画停電から油槽所を除くべき」と、県に求めました。

以上、県内における、ガソリン等の燃料供給対策についてご報告いたします。

随時、その他生活関連情報がありましたら、情報提供して参ります。

皆様におかれましては、節電にご協力下さいますようお願い致します。

3月 08

80歳のおばあちゃんに1000万!横石パワー全開!

過日、徳島県上勝町を全国に知らしめた、葉っぱビジネスの仕掛け人、株式会社 いろどり、代表取締役社長の横石知二さんと、同ビジネスにICT技術で協力した、マイクロソフト自治体営業部シニア・マネージャーの、森本登志男さんと会食をしながら、「西目屋村山菜ビジネスプロジェクト」について打ち合わせをしました

葉っぱビジネスで培った様々なノウハウを、惜しげもなく伝授して頂き、山菜ビジネスの具体的な進め方についてのアドバイスはもちろんですが、青森リンゴの
新たなる売り方についての提案ももらいました。(いずれ機会をみてご披露致したいと思いますが、目からウロコの話でした。)

全国を講演で飛び回り、次の日は石川県とのこと・・。国の各種審議会メンバーとしても活躍しており、その人脈からローソンの新浪社長とつながっていて、色んな
仕掛けを考えていたり・・、(青森リンゴをローソンで売る方法もアドバイス頂き、
いつでも新浪社長を紹介するからとも言ってくれました。)とにかく、すごい人と
ご縁をもらいました。

横石さんの持つパワーにつながり、更なる人脈を広げ、津軽地域の魅力溢れる
リソース(経済資源)に、付加価値をつけ、地域経済を元気にしなければ・・・と
あらためて気合の入る時間でありました。


右から、マイクロソフト 自治体営業部シニア・マネージャー森本登志男さん
株式会社 いろどり 代表取締役社長 横石知二さん
岡元


横石さんの名刺の裏です。先日見た、ツィッターによると、ブータン国営
放送が取材にきたそうで、横石さんいわく、上勝は町民総幸福感の町!
その思いの強さがここにあらわされてますね。

2月 11

親子カフェ 元気キッズをのぞきに行ってきました。

親子カフェは、昨年7月私の友人である、鎌田法丈(かまたのりたけ)さんが始めた、
文字通り、親子が楽しめる弘前初のお店です。ガラス張りの店内はとても明るく、
解放感たっぷり。ランチメニューも、もちろん子どもが喜びそうなバリエーションから、
本格イタリアンといったものまで幅広く、料理人でもある、法丈さんのセンスを
再確認したところです。

時々に、親子向けのイベントも開催しているようで、私自身も親子で遊びに来たい
と本気で思いました。

弘前での子育てには、どんな課題があるのか?お母さんたちが、望んでいるものは何んだろう?
親子カフェに、こんなプログラムがあれば楽しいかも?等々・・。

落ち着いたらゆっくりと伺い、いろんな話をしてみたいと思いながらお店をあとにしました。

こんな感じです。手に持っているのは子供用キッチンのフライパン。

2月 09

ヒップホップアーティストの竜生さんと焼肉を食べました

私にとって、ほとんど息子世代(23歳)の竜生さんと焼肉ランチを一緒する機会を
頂きました。竜生さんは、北海道・北東北を中心に音楽活動しているアーティストです。(会食場所は、実は秘密にしたい、知る人ぞ知る大鰐「焼肉ハウスささき」)

今の世の中を真っ直ぐに見ているその視線は、二周り(24歳)の時間差を一気に
吹き飛ばすパワーに満ちていました。

私は、言葉以外で自己表現できる能力を持つ人を尊敬しています。

竜生さんも私にとって、その中の一人です。

2月 03

若き職人集団、三和会!

先日、弘前建築組合青年部、県板金工業組合弘中支部青年部、弘前左官組合
青年部の交流を目的とした、「三和会」の皆さんと懇談させて頂きました。

秋田県で、一定の成果を収めた「リフォーム補助金制度」を、青森県でも導入させるために、一緒に勉強し、機運を高める活動をしようという話で大いに盛り上がりました。

春には、みんなで秋田県庁に情報収集に行き、制度を勉強し、関連業界の若者
パワーで、親会を説得し、県を動かそう!を合言葉に、今後もコミュニケーション
していくことにしました。あらかじめ、ざっくばらんな会合にしようということで、私に
とっての「よそゆき着」で参加しました。

2次会でも、熱い話に花が咲き、10年後を見据える、それぞれのベクトルが
ひとつになった瞬間でもありました。

素晴らしい出会いに感謝です。  拝・・・。


みんな、いい顔してます。

古い記事へ «

» 新しい記事へ